From: グレゴ13@委員長

練習前や休憩中の雑談の中で、ときどき話題になるのは、現在のカトリック教会の典礼音楽についてです。

特にあの典礼聖歌にがっかりしている人が少なくありません。

また、聖歌であってもメロディーが世俗曲のようであったり、世俗曲そのものが歌われることを残念がる会員もいます。

それでも、会衆であれば、歌わないとか、歌うフリといった小さな抵抗ができます。

しかし、聖歌隊員はそれを練習し、歌わなくてはいけないのです。お気の毒としか言いようがありません。

他にも、合唱団でミサ曲(レクイエムを含む)などを歌った経験が活かせるだろうと思ったら、ラテン語の聖歌を歌う機会がほとんどない、という嘆きの声もありました。

もしも、不満はあるけど話を聞いてくれる人がいない、ということであれば、一度来てみて下さい。お待ちしております。

P.S. グレゴリオ聖歌復興委員会からのお知らせを確実に受け取りたい方は、メールマガジンにご登録下さい。読者限定の情報やプレゼントもあります。