From: グレゴ13@委員長

今度の日曜日は聖霊降臨後第11主日です。

このミサの聖歌を Liber Usualis で見ていたら、次の1行が目に止まりました。

Offertory. Exaltabo te. p. 528

ということは、この1曲を練習しておくと、もう1つのミサでも歌えるかも知れません。

また「1曲で2度おいしい」の類でしょうか? 少し期待しながら528ページを開きました。

すると、そこに載っていたのは、灰の水曜日のミサでした。何だか微妙ですね。

この日にミサがあるところではあるでしょう。でも、平日なので歌ミサを選択するとは限りませんし。

ただし、あなたが伝統派修道会の神学生や修道士や修道女になったりしたら、間違いなく歌う機会が訪れます。

その日のために、この聖歌に親しんでおきましょう。

  Exaltabo te. Offertory. Ash Wednesday. Gregorian Chant. 2015. Caulfield. Australia
  https://youtu.be/0jYsuy7nFxA

もちろん平信徒であっても、練習をお勧めいたします。

この聖歌は、聖霊降臨後第11主日のミサの奉献誦でもあるのですから。

P.S. 自主練習会を8月26日に予定しております。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録しますと、Ave maris stella の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。