From: グレゴ13@委員長

最近、グレゴリオ聖歌のCDを聴くのが苦痛になってきました。

確かに歌唱も音響も音質も優れているのですが、いつもいつも寸分の狂いもない演奏を再現してくれるので、飽きてしまったのでしょう。

そろそろ新しいCDを買うことを考えてみます。

しかしながら、グレゴリオ聖歌を歌うことは、なかなか飽きません。

聖歌の数は、月に1度の活動では歌いきれないほどです。

同じ歌詞を違うメロディーで歌うこともあります。

目でネウマを追いかけ、ラテン語の歌詞を付けて歌うことは、いつも挑戦のしがいがあります。

また、同じ歌でも、歌うたびにどこかが違います。

さっきは上手く歌えたとしても、次も同じように歌えるとは限りません。

ラテン語の理解が進めば、それなりの歌い方を考える必要があります。

というわけで、グレゴリオ聖歌を歌うことは、なかなか飽きないのです。

この拙文を読んで、グレゴリオ聖歌を歌ってみたいという気になってくれたでしょうか。

今度の活動まであと1週間を切りました。参加申込はお急ぎ下さい。

P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。