From: グレゴ13@委員長

明日9月14日は十字架称賛の祝日です。

この日の晩課では、Vexilla Regis (Liber Usualis p. 575) という讃歌を歌います。

でも、この讃歌なら、今年の春頃にも歌ったような気がします。

いや、確かに歌いました。ここに証拠映像があります。

  Vexilla Regis (Gregorian Chant)
  https://youtu.be/T-_EW-onMQw

すると、このときは、何の機会だったのでしょうか?

実は、Vexilla Regis は、御受難の主日と枝の主日の晩課でも歌われるのです。

これを録音した3月の練習日は、枝の主日の前日でした。

厳密には土曜日の第一晩課から枝の主日が始まっているので、「当日」とも言えますけど。

ややこしいですが、あの時も Vexilla Regis を歌うのに相応しい機会であったわけです。

さらに、この聖歌を歌う日は、少なくとももう1つあります。

それは、5月3日の十字架発見の祝日です。

何年歌っていても新しい発見があるものですね。

P.S. 今メルマガに登録すると、Vexilla Regis の歌詞対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。