From: グレゴ13@委員長

今やインターネットとプレーヤーのおかげで、いつでもどこでもグレゴリオ聖歌を聴くことができるようになりました。

もちろん、グレゴリオ聖歌の練習にも大いに役立ちます。

リピート機能を使えば、同じ聖歌を繰り返し、繰り返し、繰り返し再生できるのですから。

では、それでその聖歌が歌えるようになるかというと、そうでもないようです。

確かに、スピーカーやイヤホンから流れる音声に合わせて歌うのは、必要な練習だと思います。

しかし、歌えるところは歌えるけど、歌えないところは歌えないまま、になってはいませんか?

歌えるところは気持ちよく歌って、歌えないところは誤魔化すのが常態化していないでしょうか?

この状態が続いているようならば、どこかでプレーヤーを止めて、楽譜と向き合いながら発音や音程の確認をすることをお勧めします。

繰り返していればそのうちできるようになる、ということはまずありません。

何だか面倒だ、というのは分かります。私だって再生ボタンを押す方が慣れてますし、何より楽です。

でも、ときには思いとどまって、本当に歌えるようになる努力をしましょう。

それだけの価値はありますし、結局は時間の節約になりますので。

P.S. 2月4日に今度の正規練習があります。初参加の方はあらかじめお申し込みが必要です。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録すると、Ave Regina Caelorum の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。