From: グレゴ13@委員長

先日の灰の水曜日から四旬節に入りました。

ということは、あと40数日後には復活祭です。

復活祭といえば、よく洗礼式が行われます。

新しいカトリック信徒が誕生するのですから、喜ばしいことです。

でも、不安はありませんか?

新しい要理を学び、跪きも知らず、グレゴリオ聖歌なんか歌ったこともない求道者たちが信徒の列に加わるのですよ。

その分だけ、カトリック教会の伝統に愛着を持つあなたは少数派になるわけです。

そのような環境にいると、今持っている確信すら揺らぐことにもなりかねません。

そこで、グレゴリオ聖歌復興委員会に参加して同志との連帯を深めることをお勧めしたいのですが、いかがでしょうか。

本日のネウマ譜講座では、四旬節第1主日のミサから、入祭誦 Invocabit me (Liber Usualis p. 532) と、四旬節(および待降節)の Agnus Dei XVII (ibid. p. 61) とを歌います。

この次の活動は3月3日を予定しております。ぜひ参加をご検討ください。

P.S. 今後も練習の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。登録者には小冊子(PDFファイル)を差し上げております。