From: グレゴ13@委員長

御聖体の祝日の晩課には、Pange lingua (Liber Usualis p. 957) という讃歌を歌います。

この聖歌は、御聖体拝領のときにもよく歌われますので、親しんでおくといいでしょう。

  Pange Lingua (Corpus Christi)
  https://youtu.be/U-AsvDn87fo

その他に、御聖体降福式のときに歌う Tantum ergo (ibid. p. 954) という聖歌もあります。

  Tantum Ergo (Mode I, Benecticion, Corpus Christi)
  https://youtu.be/VHtlAqkwhH0

これ、動画のタイトルに間違いがあります。

Mode I とありますが、これは第1旋法ではありません。第3旋法です。楽譜を見ればすぐ分かります。

それに、Benecticion って何ですか? Benediction ですよね。

それはさておき、聴き比べてみて、何かお気づきになったでしょうか?

メロディーが同じ、ということはすぐに分かるでしょう。他には何かありませんでしたか?

実は、Tantum ergo は、Pange lingua の5番6番を取り出したものなのです。覚えておきましょう。

P.S. 明日の練習に参加する方は、大至急お申し込み下さい。締め切り間近です。

P.P.S. 当日の参加者の中で6月生まれの方には、少しだけいいことがあります。

P.P.P.S. 只今メールマガジンを登録しますと、Lauda Sion と Pange lingua の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。