From: グレゴ13@委員長

今日の自主練習会は「日本一ゆるい教会ラテン語講座」でした。

昨年の11月から始めましたので、もう6回目となります。

会場に着くと、会員の1人から「衝撃的なまとめを楽しみに来ました」といきなり言われました。

興味を惹くためとはいえ、「衝撃的なまとめが待っています」と大胆な予告をしたからです。

「期待をさせすぎたかも」とプレッシャーを感じながら、この日の講座を始めました。

とりあえず既習事項をおさらいし、まとめの手前で休憩を取りました。

いつものことですが、今日の休憩も長めでした。

皆さん話したいことがいっぱいあるようです。私も少し話しすぎました。

その後、「期待に添えなかったらどうしようか」と、審判を待つような心境で講座を再開しました。

まとめの板書を終えて、反応を確かめようと振り向くと、まさか(?)の沈黙。

「失敗した」と思い、焦りました。

しかし、少し遅れてどよめきが起こり、拍手もいただきました。

最後に「忘れないで下さい」と言ってみたら、「忘れられません」との声まで。

残念ながら今日来られなかった会員には、また別の機会を設けることができたらと思います。

P.S. 25日の自主練習会はグレゴリオ聖歌の歌い方を学びます。