From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌は信仰の歌ですから、心を込めて歌うべきものではあります。

しかし、初心者にとっては、それどころではないでしょう。

いくらラテン語歌詞の解説をしてもらっても、いくら対訳を読み込んでも、いざ歌うときには歌詞の意味を考える余裕がなくなってしまうのですから。

これについては、教会ラテン語を学ぶ、というのが一つの解決策です。

歌詞を見て即座に意味が分かるなら、歌に心を込めるだけの余裕ができるでしょう。

ただ、これもまた問題があります。

語学の勉強は、歌の練習以上に時間がかかってしまうのです。これでは本末転倒です。

そこで、自主練習会では、グレゴリオ聖歌を歌うための教会ラテン語講座を行っております。

グレゴリオ聖歌の歌詞には特徴がありますので、要点を押さえれば、最小限の努力でそこそこの手応えを感じることができます。

14日の自主練習会には、是非おいで下さい。

P.S. 正規練習は28日にあります。