From: グレゴ13@委員長

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。

きっと今年は来年よりもいい年になるでしょう。

なぜなら、また今年も国語ミサ世代が増え、カトリック教会の中心を担っていくからです。

その分、ラテン語ミサやグレゴリオ聖歌を愛するあなたの肩身が狭くなることは間違いありません。

この状況をどうにかしたいと思ったら、いろいろな意味で「実力」をつける必要があります。

グレゴリオ聖歌の歌唱力でもいいですし、知識でもいいです。あるいは人間関係の作り方や話術なども。

というわけで、まだグレゴリオ聖歌の活動に参加したことのない方は、今年のうちにとりあえず1回は来て刺激を受けて下さい。

さて、明日、今年初めての「ネウマ譜講座」があります。

内容は聖歌の練習なのですが、「練習」というと重苦しさがあるので、「講座」という名称にしております。

一年の初めということで、まずは Veni Creator Spiritus (Liber Usualis p. 885) を歌います。

それから、この時期いつも荘厳調で歌っている Alma Redemptoris mater ですが、今回は単純調 (ibid. p. 277) でも歌ってみたいと思います。

練習前の時間や休憩中には、カトリック教会の典礼について思っていることを何でもお聞かせ下さい。

それでは、お待ちしております。

P.S. 初めての方は参加案内のページからお申し込み下さい。2回目からは勝手に来て構いません。

P.P.S. 只今メールマガジンにご登録いただきますと、Te Deum と Veni Creator Spiritus の羅和歌詞対訳(PDFファイル)を差し上げます。