From: グレゴ13@委員長

「歌は祈り」という言葉をあなたは聞いたことはないでしょうか。

私はカトリック信徒として、「聖歌は単なる歌ではない、祈りでもあるのだ」という気持ちから、この言葉を長いこと受け入れていました。

自分たちの歌に、祈りという付加価値をつけたい、という思いもあったのでしょう。

しかし、「歌は祈り」とは、実際のところどういう意味なのでしょうか。

「歌イコール祈り」とも「歌は祈りが肝心」とも、解釈の可能性があります。

あるいは、「歌は祈りのようなものだ」という比喩でしょうか。

このタイトルで数多くのコンサートを開いているソプラノ歌手がいますが、ネットで軽く調べたくらいでは意図が分かりませんでした。

そうこうしているうちに、少し考えが変わってきました。

今は、祈りの言葉にメロディーをつけたものが聖歌である、と考えています。

言い換えれば、メロディーがついていようがいまいが、祈ることに違いはない、ということです。

最後になりましたが、本日は聖霊降臨の主日でした。おめでとうございます。

P.S. 今度の土曜日も自主練習会があります。聖三位一体にちなんだ内容を企画しています。