From: グレゴ13@委員長

あなたは『ふしぎなキリスト教』という本を覚えているでしょうか。

橋爪大三郎氏と大澤真幸氏による新書で、かなり売れたそうです。

私は、カトリックでない人からキリスト教を教わりたいとは思いませんでしたので、手に取ることはありませんでしたが。

しかしながら、この本には夥しい間違いがある、という噂は聞いていました。

そして、つい最近になって、グレゴリオ聖歌に言及した箇所がこの本にあることを知りまして、多少の興味を抱きました。

その内容は、こういうものです。

教会で、ミサのときに、あんまりやることがない。そこで、時間つなぎに歌うことにした。それでグレゴリオ聖歌とかができたんです

いかがでしょう。反論したくなりましたか?

私は、あまりにも面白かったので、むしろこのままそっとしておきたい気持ちです。

P.S. 今度の自主練習会は11月1日、正規練習は15日にあります。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。