From: グレゴ13@委員長

さあ、灰の水曜日です。今日から四旬節が始まります。

心と体の準備はよろしいでしょうか?

少なくとも「旧典礼暦」を知らないカトリック信徒よりは準備ができていることでしょう。

なぜなら、既に七旬節・六旬節・五旬節のことをお伝えしてきたからです。

さて、四旬節に入って最初の正規練習は3月4日です。

また例によって翌日のミサ(四旬節第1主日)から、入祭誦 Invocabit me (Liber Usualis p. 532) を練習いたします。

そして、今回は聖務日課の終課から、四旬節の Te Lucis (ibid. p. 540) を歌います。

これは、四旬節の間、いつもの Te Lucis (ibid. p. 266) に差し替えて歌うものです。

普段、終課については「習うより慣れろ」で、ほとんど練習に時間を割いておりません。今回のように練習する機会は珍しいです。

しっかり練習して、終課の一部であっても、自信を持って歌えるようにしましょう。

それでは、参加表明をお待ちしております。

P.S. この四旬節に晩課で歌う Audi benigne Conditor (ibid. p. 539) は、今シーズンは練習曲に入れない予定です。練習は各自でお願いいたします。