グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

タグ : グレゴリオ聖歌の音源

あなたは Regina caeli を暗唱していますか?

主の御復活おめでとうございます。 復活節の間は朝昼夕、Angelus の代わりに Regina caeli を唱えますが、準備はいいですか? 短い祈りなので、出遅れると大変ですよ。 先唱が Regina caeli, l …

神父様のいないうちに

3月3日には「ラテン語講座」があります。 「ラテン語講座」とは、旧「自主練習会」のことです。 神父様が不在なのをいいことに、緩い雰囲気の中で活動をしています。 内容は、前半が教会ラテン語講座です。すぐに役立つ文法知識が身 …

Ave Regina caelorum に変わるのは今日の夜からです

一般に、典礼の季節が変われば、聖歌も変わります。 四旬節に入れば、四旬節の聖歌を歌う、という具合にです。 ところが、四旬節を待たずして、2月2日の終課から歌い始める聖歌があります。 それは Ave Regina cael …

ラテン語歌詞が覚えられないときにはこの裏技で

もうすぐ四旬節です。 典礼の季節が変わると、歌う聖歌も変わります。早めの準備をいたしましょう。 さて、四旬節中のミサで、奉献あるいは御聖体拝領のときに歌われることのあるグレゴリオ聖歌があります。 それは、Attende …

伝統派カトリック司祭の生活を想像できますか?

昨年の最後の活動日、聖務日課の終課の後のことです。 レネー神父様がこう言いました。 「私はこれを毎日やっているよ」 あなたはこれを聞いたらどう思いますか? もしかすると、「それはそうでしょうね、聖職者なのですから」と受け …

年末にはどのグレゴリオ聖歌を歌う?

日本では、年末と言えばベートーベンの第九です。 毎年この時期、第九を聴きに行こうというお誘いをいただきます。そして、毎回遠慮しています。 というのは、歌詞がフリーメイソン的で抵抗があるからです。 やはり、カトリック信徒で …

あなたも短期間でグレゴリオ聖歌の「専門家」になれます

カトリック教会内でグレゴリオ聖歌を広めるためには、どうしたらいいでしょうか? まずあなたがグレゴリオ聖歌をよく知らなければなりません。 などと言うと、謙虚なあなたは「自分はまだまだ」と思うことでしょう。 しかし、あまりグ …

幻の聖フランシスコ・ザビエル「前夜祭」

今度のグレゴリオ聖歌復興委員会のネウマ譜講座は12月2日です。 翌日は聖フランシスコ・ザビエルの祝日です。 しかしながら、典礼暦では待降節第1主日の方が上位なので、この主日に聖人の祝日をお祝いすることはできません。 とい …

ラテン語でロザリオを唱えるための3ステップ

今日はロザリオの聖母の祝日です。おめでとうございます。 ロザリオは国語で唱えても構わないのですが、ラテン語でも唱えられるようにしたいものです。 ラテン語の天使祝詞そのものにまだ不慣れであれば、まずはグレゴリオ聖歌で覚えま …

ラテン語で唱える Angelus についていけないときは

守護天使の祝日おめでとうございます。 天使と言えば、お告げの祈がありますね。食事の前など、みんなで一斉に唱える機会もあるかと思います。 でも、これをラテン語で唱えるとき、スムーズに言葉が出てきますか? 先唱が Angel …

1 2 3 11 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.