グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

タグ : ネウマ譜

Pange lingua に隠されたものとは?

御聖体の祝日の晩課には、Pange lingua (Liber Usualis p. 957) という讃歌を歌います。 この聖歌は、御聖体拝領のときにもよく歌われますので、親しんでおくといいでしょう。   Pange L …

今回の練習曲は1つだけです

御聖体の祝日が近づいてまいりました。 今年は6月15日ですが、日本では国民の祝日ではありません。 そのため、御聖体の祝日のミサは、翌主日の18日にもお祝いすることになります。 さて、今度の正規練習は6月17日です。なので …

こう歌えばアレルヤはもっと美しく聞こえます

先週の練習ではアレルヤ誦を2つばかり歌いました(あと続誦も)。 ただ、ネウマ譜の通りに歌うのがなかなか大変でしたね。何と申しましょうか、みんな個性が豊かで。 ともあれ、またいつか、他のアレルヤ誦を歌う機会があるはずです。 …

聖歌隊がピンチの時に使っている「裏技」とは?

トリエント典礼の歌ミサでは、聖歌隊は数多くのグレゴリオ聖歌を歌います。 ミサ通常文はそらで歌えるとしても、固有文は毎度練習して歌えるようにしなければなりません。 しかし、もしも次のミサまで練習時間が十分に取れなかったら? …

リフレインを歌えるようになるといいことがあります

2月の練習で、Attende Domine (Liber Usualis p. 1871) という聖歌を練習いたしました。 いわゆる「イントロ」がリフレインとなっており、1番を歌ってはリフレイン、2番を歌ってはまたリフレ …

何度も繰り返しているのに歌えるようにならない理由は?

今やインターネットとプレーヤーのおかげで、いつでもどこでもグレゴリオ聖歌を聴くことができるようになりました。 もちろん、グレゴリオ聖歌の練習にも大いに役立ちます。 リピート機能を使えば、同じ聖歌を繰り返し、繰り返し、繰り …

今度は Requiem の方を歌いましょう

6月の正規練習のときのことです。 その日は Respice in me (Liber Usualis p. 981) を練習していたのですが、メロディーが部分的に似ている聖歌があることを思い出しました。 その聖歌とは、レ …

第3旋法のエキスパートになりましょう

10月1日の正規練習で歌う聖歌を決めました。 まず、聖霊降臨後第20主日のミサより、入祭誦 Omnia quae fecisti nobis (Liber Usualis p. 1063) です。 もう1曲は、聖霊降臨後 …

来年の復活祭に向けて

明日の活動で練習する Stabat Mater (Liber Usualis p. 1634v) のことです。 練習曲を選んだときに、あることに気がつきました。   Stabat Mater Dolorosa (Moth …

第8旋法のグレゴリオ聖歌を歌いましょう

今度の正規練習は9月3日です。「旧典礼暦」では聖ピオ10世の祝日となっています。 夏の聖歌隊員不足は取りあえず落ち着きました。そのため、この日より通常の練習に戻ります。 さて、練習日の翌日は聖霊降臨後第16主日です。まず …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.