グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

タグ : カトリックの祈り

聖ブレーズのローソクであなたの喉を祝福します

今度の活動日(2月3日)は、聖ブレーズ(ラテン語読みはブラジオ)の祝日と重なっています。 聖ブレーズは、知る人ぞ知る、喉の守護聖人です。 いつも聖チェチリアなど、教会音楽の守護聖人に目が行きがちですが、この機会に聖ブレー …

ラテン語の祈りできっかけをつくりましょう

今の日本のカトリック教会では、グレゴリオ聖歌を歌うどころか、話題にすることすら難しいですよね。 しかし、どうにかして、きっかけを掴みたいとは思いませんか? そこで、ラテン語の祈りが役に立つかも知れません。 例えば、ミサの …

ラテン語で一緒に唱えましょう

グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習前や休憩のときに飲みものやお菓子などをお出ししております。 そのとき、食前・食後の祈りをラテン語でいたします。   Jesus Angel Miguel Garcia – & …

荘厳司教ミサの後、お時間はありますか?

来る11月11日は東京カテドラルで荘厳司教ミサがあります。 グレゴリオ聖歌復興委員会のネウマ譜講座も同じ日にあります。 とはいえ、こちらは夕方ですので、どちらも参加することができます。ご安心下さい。 さて、この日のネウマ …

いつか誰かのために歌うレクイエムを今から

11月は死者の月です。 ということで、明日の自主練習会改め「ラテン語講座」では、いわゆる「レクイエム」を歌うことにしました。 今回は入祭誦の Requiem aeternam (Liber Usualis p. 1807 …

ラテン語でロザリオを唱えるための3ステップ

今日はロザリオの聖母の祝日です。おめでとうございます。 ロザリオは国語で唱えても構わないのですが、ラテン語でも唱えられるようにしたいものです。 ラテン語の天使祝詞そのものにまだ不慣れであれば、まずはグレゴリオ聖歌で覚えま …

ラテン語で唱える Angelus についていけないときは

守護天使の祝日おめでとうございます。 天使と言えば、お告げの祈がありますね。食事の前など、みんなで一斉に唱える機会もあるかと思います。 でも、これをラテン語で唱えるとき、スムーズに言葉が出てきますか? 先唱が Angel …

大天使聖ミカエルはどこに?

大天使聖ミカエルの祝日おめでとうございます。 聖ミカエルといえば、悪魔の頭を踏みつけている絵が思い浮かびます。悪魔にとっては「天敵」と言ってもいい存在です。 かつては、読誦ミサの後に、この聖ミカエルへの祈りを含む一連の祈 …

これがラテン語の聖務日課書です

グレゴリオ聖歌復興委員会では、正規練習の後に聖務日課の終課を歌います。 そのため、貸出用の楽譜をご用意しております(女性にはベールもお貸しします)。 自主練習会でも、この終課のための練習を何度かしたことがあります。 とい …

正しい Confiteor の唱え方

聖務日課の終課では、前半の方で Confiteor という祈りを唱えます。 これは、トリエント・ミサの始めに唱える告白の祈りと同じものです。 違いがあるとすれば、晩課では侍者(会衆)が立っているのに対し、ミサでは跪いてい …

1 2 3 7 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.