From: グレゴ13@委員長

聖務日課の終課では、典礼の季節に応じた聖マリア交唱 (Alma Redemptoris Mater, Ave Regina caelorum, Regina caeli, Salve Regina) を最後に歌います。

就寝前に、グレゴリオ聖歌で聖母におやすみの挨拶をするのは、なかなかいいものです。

さて、この聖マリア交唱はそれぞれ荘厳調と単純調とがあるのですが、グレゴリオ聖歌復興委員会ではもっぱら荘厳調のみを歌ってきました。

これには特に深い理由はありません。敢えて言えば、片方だけ練習すればいいという利点があったということでしょうか。

しかし、ここに来て、使い分けてみてもいいかなという気になりました(気まぐれで申し訳ありません)。

例えば、普段は単純調で、1級2級の祝日のときは荘厳調で、という具合です。

ただし、これを今度の正規練習の日から実施しようとすると、練習曲の選択にも関わってきます。

そのあたりは今度の選曲をしながら判断いたしますので、続報をお待ち下さい。

P.S. 自主練習会を17日と24日に予定しています。正規練習は31日です。

P.P.S. グレゴリオ聖歌復興委員会からのお知らせを確実に受け取りたい方は、メールマガジンにご登録下さい。読者限定の情報やプレゼントもあります。