From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習の前にラテン語の祈り(ロザリオ1連)を唱えます。

事前にプリントをお渡しするのですが、初めての方が一緒に唱えるのは難しいです。

見慣れないラテン語である上に、一定の速度もありますからね。

しかし、何度か参加するうちに、少しずつついていけるようになります。例え未信徒であっても!

では、最初に言えるようになるラテン語の祈りは何だと思いますか?

言っておきますが、あの短い祈りの言葉は違いますよ。あれは厳密にはヘブライ語ですから。

正解は Ave Maria です。

もっと正確に言うならば、Ave Maria の後半部です。

ここだけ10回繰り返すので、当たり前といえば当たり前ですけど。

  Latin Rosary at SHA
  https://youtu.be/RP-O27TmsYA

というわけで、今度来た時には10回チャレンジしてみて下さい。

少しずつですが、音がつながり、余計な間が省かれて、一緒に唱えることができるようになります。

ちなみに、Ave Maria を1回あたり15秒で唱えるとすると、10回で2分半くらいです。

ただ黙って祈りが終わるのを待つには、少し長すぎるかと思いますよ。

P.S. 明日7月7日18時30分からネウマ譜講座があります。

P.P.S. 初めての方は参加案内のページからお申し込み下さい。2回目からは無断で勝手に来て構いません。

P.P.P.S. 今後も活動の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。登録者には小冊子(PDFファイル)を差し上げております。