From: グレゴ13@委員長

いよいよ今度の18日は灰の水曜日、四旬節の始まりです。

この時期に歌う聖歌としては、この間練習した Audi Benigne Conditor (Liber Usualis p. 539) が挙げられます。

参加した人は復習として、参加していない人も参考に聴いてみて下さい。

  Audi Benigne Conditor – Vespers Hymn
  http://youtu.be/BoW3E3C4JSY

さて、これ以上にお勧めしたい四旬節の聖歌として、Attende Domine (ibid. p. 1871) があります。

  Attende Domine – Catholic Hymns, Gregorian Chant
  http://youtu.be/t7Glyu7tEWU

なぜお勧めなのかと言いますと、冒頭の一節をリフレインとして何度も歌うので、そこだけは覚えられるからです。

一応、その部分のラテン語も書き出しておきます。

Attende Domine, et miserere, quia peccavimus tibi.

これだけ覚えて、四旬節の間、いつでもどこでも口ずさんで下さい。

【ブログ工事中にメールマガジンで配信した文章です】