From: グレゴ13@委員長

主の御復活おめでとうございます。

復活節の間は朝昼夕、Angelus の代わりに Regina caeli を唱えますが、準備はいいですか?

短い祈りなので、出遅れると大変ですよ。

先唱が Regina caeli, laetare alleluia と唱えたときに「あっ!」と思ってもほとんど手遅れです。

あわててラテン語を参照しようとしても間に合いません。

そうして一言も発することができずに祈りは終わり、気まずい思いをすることになります。

では、どうしたらいいでしょうか?

正攻法は、Regina caeli を暗唱することでしょうね。

ただ、暗記もさることながら、反射的に応答できるようになるまでが一苦労です。

そこで、グレゴリオ聖歌で唱えるように前もってお願いしておいたらいかがでしょうか。

  Regina Caeli
  https://youtu.be/6-EJiI_yAas

この Regina caeli は単純調 (Liber Usualis p. 278) ですが、これくらいの速度ならば、ラテン語も無理なく発することができるでしょう。

P.S. 今度のネウマ譜講座は4月7日です。歌う聖歌は未定ですが、参加申し込みは受け付けております。

P.P.S. 今後も活動の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。登録者には小冊子(PDFファイル)を差し上げております。