From: グレゴ13@委員長

今度の日曜日は、白衣の主日です。

昨年にこのような記事を書いたことを思い出します。

  白衣の主日には別の言い方があります
  http://gregorio.tokyo/b/cMn78

その記事では、この主日が入祭誦の最初の2語を取って、Quasimodo Sunday と呼ばれていることを書きました。

今年はそれを聖歌で確かめてみて下さい(といってもタイトルと楽譜で分かってしまいますが)。

  INTROIT Quasi modo geniti infantes Low Sunday
  https://youtu.be/Xb3pyftGh2o

さて、この主日は英語版の Liber Usualis やミサ典書などでは、Low Sunday と記されています。

しかし、何が Low なのでしょうか。

日本語の「白衣」とも結びつきませんし。

そのように疑問に思いながら、答えをさがそうともしないまま、何年も過ぎてしまいました。

それが、最近、ふとしたことでその答えを見つけました。

どうやら、復活祭の別名が High Sunday で、その翌日曜日が対となって Low Sunday ということらしいです。

分からないことも多いですが、「旧典礼暦」は何とも興味深いです。

P.S. 4月11日の正規練習の新規参加申込はお急ぎ下さい。

P.P.S. 自主練習会は18日と25日に予定しています。