From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌復興委員会は、参加者の合唱歴や歌唱力を問いません。

初心者でも十分ついていくことのできるレベルです。

しかし、楽譜そのものは、修道士や聖歌隊が使う聖歌集や聖務日課書からそのまま採っています。

そのため、初心者には分かりにくい約束事があったりします。

例えば、主祷文といって、Pater noster で始まる祈りがあります。

それを、カトリック信徒なら当然すべて覚えているものとして、続きが書いてなかったりします。

また、栄誦といって、Gloria Patri で始まる短い祈りがあります。

これも、暗唱していて当然とされます。

もちろん、このようなことは、練習の中で説明いたします。

しかし、ラテン語の祈りは、説明だけでは暗記できません。

できれば、練習の前に少し慣れていてほしいと思います。

というわけで、暗唱の助けになる動画を見つけてきました。

  Catholic Prayers – Glory be to the Father, Latin
  https://youtu.be/-jCFaie2Yws

これを覚えておけば、次回の練習できっと役に立ちます。

P.S. 次回の正規練習は11月7日です。初めての方のお申し込みは、前日6日の18時30分までです。

P.P.S. 前回の練習で録音した Dies Irae ですが、限定公開設定で YouTube にアップロードしました。聴いてみたい方は、メールマガジンにご登録下さい。本登録完了と同時に URL をお教えいたします。