From: グレゴ13@委員長

昨日、グレゴリオ聖歌復興委員会の会員の一人が、アメリカへと出発しました。

カトリック教会の伝統を守る女子修道院で、しばらく召命を試すことになります。

そう聞くと、きっと「誰?」とお思いでしょう。

ほとんどの会員は会ったことがなく、会っていたとしても覚えていないだろうからです。

というのも、彼女は地方在住のため、これまで数えるほどしか練習には参加しておりませんでした。

この間の練習日に顔を見せて挨拶をすることもありませんでした。

このような「知られざる会員」なので、その実在を疑う人もいるかと思います。

しかし、神父様や委員長を含めた数名は、この霊的姉妹もご両親もよく知っております。

どうしても気になる方は、次の練習の時にでもご確認下さい。

ちなみに、その修道生活ですが、グレゴリオ聖歌についていえば、私たちの一年間の活動をたった一週間で凌駕するほど密度の濃いものです。

そのような環境にいられることを、とてもうらやましく思います。

どのような結果になるにせよ、この「お試し期間」が充実したものになるよう、お祈りをお願いいたします。

P.S. 今度の自主練習会は17日と18日です。