From: グレゴ13@委員長

今の日本のカトリック教会では、グレゴリオ聖歌を歌うどころか、話題にすることすら難しいですよね。

しかし、どうにかして、きっかけを掴みたいとは思いませんか?

そこで、ラテン語の祈りが役に立つかも知れません。

例えば、ミサの始まる前に、ラテン語のロザリオを1連唱えるのはどうでしょう?

隣の人が「何語?」と思ってくれたらしめたものです。さらに、興味を持って話しかけてくれたら上出来ですよね。

また、あなたが他の信徒を食事に誘ったときは、食前食後の祈りをラテン語で披露するチャンスです。

受け入れてもらえれば、その後もあなたが食前食後の祈りを任されることでしょう。だって、他に誰ができます?

このようにして、ラテン語の祈りができる人として認知されることを目指しましょう。

ただし、どの祈りもスラスラと口から出るようになってからお試しください。

特に、食後の祈りには気をつけましょう。

  Jesus Garcia Grace AFTER Meals vid
  https://youtu.be/6L5_EvXfJmI

このように、食前のに比べて2倍くらい長いですから。

それでは、ご健闘をお祈りいたします。

P.S. 明日20日はネウマ譜講座があります。初めての方は今すぐ参加案内のページからお申し込み下さい。

P.P.S. 今後も練習の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。