From: グレゴ13@委員長

この春にグレゴリオ聖歌復興委員会に改称したときから、私は委員長を名乗っています。

ただ、これはまだ定着していないらしく、メールを除いては委員長と呼ばれたことがありません。

ちなみに、グレゴさんと呼ばれたことは1度だけありました。

では、グレゴリオ聖歌に親しむ会の時代はどうだったかと言いますと、管理人を名乗っていました。これは「ウェブ担当係」くらいの意味です。

勢いで立ち上げただけで会長は決めていませんでしたが、お願いしたい人はいました。

しかし、その人も練習に来なくなってしまったのです。

そうなった以上、私が会長に就けばよかったのですが、自分は会長に相応しくないと思っていました。

なぜなら、当時まだ私自身がグレゴリオ聖歌を習っている身でしたから。

その後、「ネウマ譜の読み方くらいなら教えられるかな」「初見は無理だけど既習の聖歌なら教えられるかな」という具合に自信を深めて、今年やっと委員長を名乗れるようになったのです。

何か身の上話のようになってしまいましたが、結局のところ、練習を積んで自信をつけることが大事だということです。

そうなれば、人を練習に誘うこともできるし、司祭や典礼委員とも堂々と交渉できるようになるでしょう。

P.S. 次回の自主練習会は12月6日、正規練習は12月27日です。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。