From: グレゴ13@委員長

先日、長期欠席している会員からメールをいただきました。

所属の教会でグレゴリオ聖歌を歌うことについての相談でしたが、結局自己解決したため、私のすることはありませんでした。

ただ、その文面からは、グレゴリオ聖歌を歌う許可をもらうことが主な関心であるように思えました。

もしそうだとしたら、少し心配です。

確かに、司祭や典礼委員から許可をもらってミサでグレゴリオ聖歌を歌うことは、一つの目標ではあります。

だからといって、許可に重きを置くのは危険です。

そのために譲歩をさせられたり、条件を付けられたりするかも知れないからです。

ついには「年に1度でいいんです」と言ってしまい、2度以上の可能性を潰してしまうことすらあります。

何よりも、許可はいつ取り消されてもおかしくありません。

人も変わりますし、心も変わるからです。

しかし、グレゴリオ聖歌を歌う能力は、誰からも奪われることがありません

グレゴリオ聖歌を歌える人を増やし、歌える歌を増やすことに力を入れる方が安全で確実ですし、併せて交渉力も付くのではないでしょうか。

P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。