From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌復興委員会は、グレゴリオ聖歌を歌うサークルです。

演奏会や発表会を活動の中心とする合唱団とは、かなり異なるところがございます。

そのようなところでは、練習に欠席するとその分みんなから後れを取ることになります。

しかし、グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習する聖歌は典礼暦に合わせて選んでいるので、毎回違います。

1回どころか、何回休んでも、後れを取ることはございません。パートリーダーからの連絡も来ません。

なので、毎回は来られない方でも、都合がついたらお気軽に参加をお申し込み下さい。

実際、数ヶ月に1度くらいのペースで参加している会員もいます。これならあなたにも続けられるでしょう。というより、続けられない理由があるでしょうか?

さて、明日24日にはネウマ譜講座があります。

かつては「練習」と呼んでいましたが、実際に聖歌の練習をするのですが、重苦しいイメージがあるので変えました。

この日歌うのは、枝の主日のミサより、入祭誦 Domine ne longe facias (Liber Usualis p. 592) と 聖体拝領誦 Pater si non potest (ibid. p. 603) です。

音取りから(必要ならネウマ譜の読み方やラテン語の発音から)始めて、どうにかこうにか通して歌えるようにしましょう。

それでは、あなたの参加をお待ちしております。

P.S. 初めての方は参加案内のページからお申し込み下さい。2回目からは無断で勝手に来て構いません。

P.P.S. 今後も活動の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。登録者には小冊子(PDFファイル)を差し上げております。