From: グレゴ13@委員長

カトリック教会にグレゴリオ聖歌を取り戻す、というと、何を考えるでしょうか。

普通は、毎週のミサ聖祭で歌う聖歌のことを考えるかと思います。

しかし、聖務日課でもグレゴリオ聖歌を歌う、ということを忘れてはなりません。

昔の神学校や修道院では、ラテン語で聖務日課を唱えました。

特に晩課や終課では、グレゴリオ聖歌を交えながら唱えました。

その聖務日課は、「日課」というくらいですから、365日毎日唱えるものです。

となると、聖務日課をラテン語で唱える神学校と、国語で唱える神学校とでは、神学生が歌うグレゴリオ聖歌の量が、比較にならないほど違うことになります。

したがって、グレゴリオ聖歌の復興運動は、司祭の養成にも関わるということを、お分かりいただけたでしょうか。

P.S. 23日と30日に自主練習会を行います。