From: グレゴ13@委員長

5月に入りましたが、まだ復活節は続いております。

ちなみに、今度の活動日(9日)も、まだ復活節の中です。

したがって、この日も聖務日課の終課を復活節のトーンで歌うことになります。

このようなことは年に何度もないので、私自身も上手く対処できるかどうか、毎年毎年心配で仕方がありませんでした。

しかし、最近、あることを知って、とても気が楽になりました。

実は、日曜日の詩篇のトーンは、復活節のトーンと同じなのです。

もし終課の楽譜がお手元にありましたら、日曜日の詩篇の部分をご覧下さい。

これなら、何度か歌って聞き覚えがあるのではないでしょうか。

つまり、いつもレシドラと歌っているところを、シドラソと歌えばいいのです。

もしもこの情報だけで予習ができるようでしたら、試しにやってみて下さい。

P.S. 5月9日の正規練習の参加を受け付けております。

P.P.S. 5月の自主練習会の日程は未定ですが、2回行う予定です。