From: グレゴ13@委員長

今週の土曜日は荘厳司教ミサがありますね。

その後は、グレゴリオ聖歌復興委員会へもお立ち寄りいただきたいと思います。

電車で一本、という訳にはいきませんが、同じ文京区なので十分に間に合うでしょう。

会場は18時から入ることができます。

年に1度のラテン語ミサでは飽き足らない人の集まりですので、きっとよい刺激になると思います。

さて、あちらは本番のミサ、こちらはただの練習でしかありません。

しかも、初心者レベルの練習です。

とはいえ、グレゴリオ聖歌復興委員会にも、本格的なものが無いわけではないのです。

それは、練習の後に行っている聖務日課の終課です。

時間にして20分強ですが、これも立派なカトリック典礼です。

カトリック教会は、この聖務日課を毎日唱えるよう聖職者に義務付けています。

義務のない神学生や修道者も、朝昼晩これを唱えて霊的な糧としています。

教皇ピウス12世は、一般信徒も主日の晩課に参加するよう望まれました。

終わるのは21時近くなりますが、お時間がありましたらお付き合い下さい。

P.S. 神父様がラテン語と聖水でメダイを祝別して下さるのも、本格的と言えば本格的ですね。

P.P.S. 今月に限っては「行くかも知れない」くらいの方も遠慮なくお申し込み下さい。明日18時30分で締め切ります。