From: グレゴ13@委員長

今日の練習後も、聖務日課の終課があります。参加は任意です。

その聖務日課では、ユダヤ教時代からの伝統で詩篇を唱えます。

150の詩篇を日月火水木金土の朝昼晩と割り振ってますので、1週間通すと詩篇全体を唱えることになります。

今日は土曜日なので、普通なら土曜日の終課に割り振られたところ(Psalm 87, 102)を唱えます。

しかし、油断してはいけません。

その日が1級または2級祝日である場合には、代わりに主日の詩篇(Psalm 4, 90, 133)を唱えるというルールがあるからです。

では、今日の終課はどうなのでしょうか。調べてみましょう。

典礼カレンダーを見ると、今日は聖母の土曜日(4級)となっています。

これは1級2級どころか祝日でもないので,普通に土曜の詩篇を唱えそうな気がしますよね。

ところが、夕方からは翌日の聖家族の祝日(1級)の前夜祭が始まります。

というわけで、夕方頃までは平日でも、終課を歌う頃には1級祝日になっているのです。

なので、紆余曲折ありましたが、本日の終課では主日の詩篇を唱えます。

よく分からなかったら、本日会場にて楽譜とカレンダーを見ながら確認いたしましょう。

P.S. 次回の正規練習は1月21日です。今から申し込むことができます。