From: グレゴ13@委員長

昨日の自主練習会では、予告通りみっちりとソルフェージュをやりました。

階名で歌うというのは、歌詞で歌うことよりも負担が大きいようで、終わりの方ではミスが多発する有様でした。

それでも、音程のあやふやさなど、いろいろ問題点が浮き彫りになって、学ぶところが多かったです。

さて、練習の途中でグレゴリオ聖歌の旋法について触れたのですが、そこで参加者から興味深い反応がありました。

カトリック信徒らしい反応、とでも言いましょうか。

ミサや聖歌や種々の祈りを通して、ラテン語で Dominus と言えば「神なる主」のことだと思っているところに、次のような説明をしたのです。

音楽の教科書では tonic の訳語が「主音」で、dominant の訳語が「属音」とされています、と。

そのときの違和感は容易に想像できることでしょう。

そこで、私たちも、このような訳語を避けて、tonic, dominant のまま使おうと思います。

P.S. 明日は聖ドミニコ Saint Dominic の祝日です。

P.P.S. 「新しい企画」は忘れずに行われ、けっこう盛り上がりました。今度の正規練習でも実施しますので、お楽しみに。