From: グレゴ13@委員長

主日の晩課では、途中 Lucis Creator (Liber Usualis p. 256) という讃歌を歌います。

しかし、典礼の季節固有の讃歌があれば、それを優先します。

例えば、待降節には Lucis Creator に代えて Creator alme siderum (ibid. p. 324) を歌います。

また、降誕節には Jesu Redemptor ominium (ibid. p. 365)、四旬節には Audi benigne Conditor (ibid. p. 539)、復活節には Ad regias Agni dapes (ibid. p. 812) に差し替える、という具合です。

今度の土曜日の自主練習会では、これらの讃歌を復習いたします。

会員によっては未習の讃歌もあるでしょうが、今歌えなくても一向に差し支えありません。

今回の趣旨は、季節の讃歌の全体像を掴むことと、聖三位一体を讃える歌詞を比較することです。

これまでバラバラだった知識が一つにまとまりますので、参加をご検討下さい。

P.S. 6月6日の正規練習も参加者募集中です。