From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌をCDなどで聴いて感激したものの、実際に歌ってみると物足りなさを感じることがあるのではないかと思います。

プロと素人との差と言ってしまえばそれまでですが、素人だって少しくらいは「あの感じ」を味わいたいものです。

それでは、何が「あの感じ」を作り出しているのでしょうか。

ヒントは、あるグレゴリオ聖歌のCDのレビューで使われていた「エロティック」という言葉にあります。

私はこの言葉の選択は間違っているとは思いますが、言わんとすることは何となく分かります。

大勢の男性が歌っているにもかかわらず、雄々しさに欠けていて、なよなよとした印象を受けたのでしょう。

なぜなら、彼らは抑制の利いた歌い方をするからです。

逆に言えば、素人は余計なところで力が入っているために、「あの感じ」を損ねているのです。

詳しくは、明日の自主練習会でお教えいたします。

P.S. 今度の正規練習は12月27日です。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。