From: グレゴ13@委員長

Dies Irae と言えば、モーツァルトやヴェルディなどのレクイエムでご存じでしょう。

あるいは、それと知らずにテレビのコマーシャルで聴いているはずです。

でも、グレゴリオ聖歌の方の Dies Irae も、ぜひ歌ってみてほしいと思います。

というわけで、10月3日の正規練習では、死者のためのミサ曲の続誦である Dies Irae (Liber Usualis p. 1810) を練習いたします。

死者の日まではまだ1ヶ月ほどありますが、11月の練習日(7日の予定)では遅いので、この日にいたしました。

さて、Dies Irae の楽譜は、Liber Usualis で3ページ強あります。

いつもの聖歌と比べると、少し、いや、かなり長いですね。

モーツァルトも、Dies Irae, Tuba Mirum, Rex tremendae, Recordare, Confutatis, Lacrymosa と分けて作曲しました。

最後の最後の Pie Jesu だけ取り出して作曲された歌も結構あります。

とにかく、それくらい長いということです。

そのため、誠に残念ながら、この日は他の聖歌を練習する余裕がございません。あらかじめご了承ください。

P.S. 死者のためにミサを依頼することができます。会場で小野田神父様にお申し出下さい。

P.P.S. 初めての方は参加申し込みが必要です。締め切りがございますので早めにお願いいたします。