From: グレゴ13@委員長

あなたは、グレゴリオ聖歌復興のために何が必要だと思いますか?

司祭や典礼委員長の許可だと思うかも知れませんね。

それは間違いではありません。

しかし、それ以上に必要なのは、グレゴリオ聖歌を歌うことができる信徒です。

あるいは、グレゴリオ聖歌の練習、とも言えるでしょう。

グレゴリオ聖歌復興委員会では、これからも、歌える人を増やし、歌える聖歌を増やして行きたいと思います。

さて、26日の正規練習は御降誕の後ということで、Jesu Redemptor omnium (Liber Usualis p. 365) という讃歌を練習いたします。

待降節まで歌っていた Creator alme siederum (ibid. p. 324) の歌詞には、Jesu Redemptor omnium というフレーズがあるのですが、それを引き継ぐかのようです。

それから、大晦日に歌うと免償が得られるという Te Deum (ibid. p. 1834) を、今年も練習いたします。

これは長いので大変かとは思いますが、グレゴリオ聖歌復興のためだと思って頑張りましょう。

P.S. 初めての方の参加申し込み期限が迫っております。お急ぎ下さい。

P.P.S. 初めてではない方の出欠連絡もお待ちしております。