From: グレゴ13@委員長

本日は「旧典礼暦」における聖ピオ10世教皇の祝日でした。おめでとうございます。

さて、9月は13日に正規練習があります。

この翌日が聖十字架称賛の祝日ということを考慮しまして、このミサ聖祭の昇階誦 Christus factus est (Liber Usualis p. 655) を練習曲に選びました。

ちなみに、この Christus factus est は、聖木曜日のミサの昇階誦でもあります。

もう1曲は、Vexilla Regis (ibid. p. 575) といって、御受難の主日にも歌われる讃歌です。

以上2曲に絞りましたので、先月と違って落ち着いて練習できるものと思います。

それから、自主練習会の方は今週末の6日です。こちらの方が先です。

聖歌の練習をしながら、グレゴリオ聖歌の旋法の知識がどのように活用できるかをお教えいたします。

P.S. 選曲決定に伴い、メールマガジン登録者に差し上げる対訳プリントも、Vexilla Regis のものに差し替えました。