From: グレゴ13@委員長

来る6月24日は、洗者聖ヨハネ生誕の祝日です。

洗者聖ヨハネと言えば、いわゆる「聖ヨハネ讃歌」Ut queant laxis (Liber Usualis p. 1504) ですね。

今度の自主練習会はちょうどこの日なので、後半の練習で取り上げることにいたしました。

ドレミの階名の起源としても有名なので、知っているという人はそこそこいます。でも、歌える人はほとんどいません。

だから、1番だけでも歌えるようになって、差を付けましょう。

それから、自主練習会の前半はいつも通り教会ラテン語講座です。

もしかして、「ラテン語はよく分からないから出たくない」と思ってはいませんか?

でも、これからもグレゴリオ聖歌を歌うならば、ラテン語との付き合いもずっと続きますよね。

ならば、20語に1語くらいの割合でも、「あ、ここは分かる!」という箇所があった方がいいでしょう。

この講座に出ると、そのような箇所が少しずつ増えていきます。

講座の直後には、力試しをしたくなります。グレゴリオ聖歌の楽譜やラテン語ミサの式次第があれば、すぐにでも見たいと思うでしょう。

ぜひともこの感覚を体験していただきたいと思います。宜しくご検討下さい。

P.S. この練習から参加したい方は、参加案内のページからお申し込み下さい。

P.P.S. 当日の参加者の中で6月生まれの方には、少しだけいいことがあります。