From: グレゴ13@委員長

今日はロザリオの聖母の祝日でした。

グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習を始める前にラテン語でロザリオを1連唱えます。

そのとき、一緒に唱えられる人もいれば、ついていけない人もいます。

それで今日は、ラテン語の祈りを覚えるためのアドバイスを、と思ったのですが、やめました。

なぜでしょうか。

例えば、天使祝詞 (Ave Maria) を覚えるために、ラテン語を繰り返し音読したとしましょう。

1回、2回、3回、そして9回、10回と。

ここで「あれ?」と思いませんでしたか?

もうこれだけで1連になってしまっています。

ならば、たどたどしくても、最初から祈りとして唱えた方がよくはないでしょうか。

そうして毎日祈っていれば、辛い練習などしなくてもいつの間にか覚えてしまうことでしょう。

P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Magnificat の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。