From: グレゴ13@委員長

先にもお知らせした通り、1月21日の練習前にはトリエント典礼の読誦ミサがあります。

時間は17時30分からです。ミサだけの参加も可能です。

現行のミサと何がどう違うか、全てラテン語というのはどのようなものか、直に体験することができます。

このように練習前にミサを行うのは、滅多にありません。また、次はいつになるか分かりません。

今回はたまたま来日される神父様がいらっしゃったので実現するだけのことです(この来日は事情により1度中止になったものです)。

なので、この機会を絶対見逃さないようにいたしましょう。

さて、18時30分からは、いつも通りの練習です。

まずは Asperges me (Liber Usualis p. 11) を歌います。

トリエント典礼では、主日の歌ミサの前に行われる灌水式というものがありますが、そのときに歌うグレゴリオ聖歌です。

次に、翌日のミサ(御公現後第3主日)の入祭誦 Adorate Deum (ibid. p. 488) を練習します。

ちなみに、この Adorate Deum を収録し、かつタイトルにしているCDが Naxos より販売されています。

  http://amzn.to/2j6r8f9

このミサの聖歌は、御公現後第4主日にも第5主日にも、今年はありませんが第6主日にも繰り返し歌われます。

このように何度も歌えておトクなので、練習して歌えるようになりましょう。

それでは、参加表明をお待ちしております。

P.S. ミサに与るにあたりご質問がございましたら、お申し込みの際にお書き添え下さい。