From: グレゴ13@委員長

Liber Usualis には多数のグレゴリオ聖歌が掲載されています。

数を数えたことはありませんが、ページ数なら2000近くあります。膨大ですね。

では、その中からどのような歌を歌えるようにしたらいいのでしょうか。

それは、あなたが教会で果たしたいと思う役割によってさまざまです。

ミサに与る会衆としては、いわゆる通常文 (Kyrie, Gloria, Credo, Sanctus, Agnus Dei) を歌えるようにしたいものです。

聖歌隊員としては、毎度のミサごとの固有文(入祭誦、昇階誦、アレルヤ誦、奉献誦、聖体拝領誦など)を歌える必要があります。

神学生・修道士・修道女になりたい、ということであれば、聖務日課にも慣れておいた方がいいでしょう。神学校や修道院にしばし滞在したいという人も同様です。

グレゴリオ聖歌復興委員会では、会衆以上聖歌隊員未満くらいの線を狙いつつ、召命に応じたいという信徒のお手伝いもしたいと考えています。

ターゲットが絞り切れていないといえばそれまでですが。

さて、今度のネウマ譜講座は5月19日です。聖霊降臨の主日の前日ということになります。

そこで、この日は、聖霊降臨の主日のミサから、続誦 Veni Sancte Spiritus (Liber Usualis p. 880) を歌うことにいたします。

これはミサ固有文の聖歌なので、聖歌隊員ならば歌う機会があります。

少し長い歌なので、できればエネルギー補給をしてから練習に臨みたいものです。

会場は飲食可能なので、おにぎりでもサンドイッチでも持参するとよいでしょう。

それでは、あなたの参加をお待ちしております。

P.S. 初めての方は参加案内のページからお申し込み下さい。2回目からは無断で勝手に来て構いません。

P.P.S. 今後も活動の案内を希望する方は、メールマガジンへの登録をお勧めいたします。登録者には小冊子(PDFファイル)を差し上げております。