グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

雑学

白衣の主日には別の言い方があります

今日は復活の八日目、白衣の主日 (Low Sunday) でした。この主日を祝う荘厳ミサの動画があります。   Solemn High Mass of Quasimodo Sunday   http://youtu.be …

いつも元気な信徒が復活節に大人しくなってしまうのは何故か

先日、御復活の主日を迎えましたが、あなたはいかがお過ごしでしょうか。 私は Regina Caeli を何度も口ずさんでいます。ほんのわずかでも、こういうときにそらで歌える聖歌があるのはいいものです。 さて、この時期はと …

御復活で例の「アレ」が解禁されました

主の御復活おめでとうございます。また、本日洗礼や堅振を受ける方にお慶び申し上げます。 今日から復活節に入りますので、ミサや聖務日課で歌う聖歌にもいろいろ変化があります。 しかし、一度に全部は紹介しきれませんので、少しずつ …

ソレムの修道士たちが歌う復活の主日の続誦

長かった四旬節もほとんど終わりに近づきました。いよいよ明日は復活祭です。 そこで、復活の主日のミサから、続誦 Victimae Paschali (Liber Usualis p. 780) を聴いてみましょう。   E …

今日はスターバト・マーテルを聴きましょう

今日は聖金曜日です。典礼色は黒です。カトリック典礼に詳しくなくても、この日の雰囲気がお分かりになるかと思います。 さて、今回は聖金曜日のミサからでも聖務日課からでもなく、Stabat Mater (Liber Usual …

聖週間のグレゴリオ聖歌は紹介しきれません

今日から聖木曜日・聖金曜日・聖土曜日と、聖週間もいよいよクライマックスです。 この期間の聖務日課の朝課を Tenebrae と呼びますが、それぞれが1枚のCDになるくらい量があるため、全てを聴くのは大変です。 そこで、聖 …

グレゴリオ聖歌にはそれだけの価値があります

あなたは次のようなことを、いつかどこかで聞いたことはありませんか。 例えば、「日本語の聖歌もいいけれど」とか、「典礼聖歌もいいけれど」とか。 この後には「やはりグレゴリオ聖歌は素晴らしい」と続くとはいえ、この予防線のよう …

教会ラテン語の発音についての「真実」

これまで、直接に、あるいはメディアなどで、多くの教会ラテン語を耳にしてきました。 その中には、ラテン語の発音が素晴らしいとレビューで絶賛されたCDもあります。 それでも、あえて本当のことを言いますと、ほとんどがお国訛りの …

基本的に予習はしなくても構いません

グレゴリオ聖歌復興委員会の4月の活動日が近づいてまいりました。参加のお申し込みはお早めにお願いします。 さて、今日は、練習曲の中から Gloria Laus (Liber Usualis p. 588) を聴いてみましょ …

枝の主日はいつもより余計にグレゴリオ聖歌を歌います

今日は御受難の主日でした。来週は枝の主日です。ただし、現在の典礼暦ではどちらも同じ日にしてしまっています。何とも合理的で結構なことですね。 さて、枝の主日にはミサ聖祭に先立って枝の祝別と配付とが行われます。次の動画はその …

« 1 29 30 31 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.