グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

活動予告

カトリック教会の典礼暦から「聖霊降臨後」が消えたナゾ

カトリック教会の伝統的な典礼暦によれば、今日は「聖霊降臨後第3主日」です。 早いもので、聖霊降臨の主日から3週間になるのですね。 一方で、現行の典礼暦では、「年間第10主日」となっています。 何でこのように言葉も数え方も …

御聖体のグレゴリオ聖歌を歌いましょう

御聖体の祝日おめでとうございます。 これは、日本がカトリックの国であれば、国民の祝日にしたいほど大事な祝日です。 しかし、平日ではミサに与れる信徒が少ないので、すぐ後の日曜日にあらためてお祝いいたします。 今度のネウマ譜 …

歌えるようにしておきたいグレゴリオ聖歌とは

Liber Usualis には多数のグレゴリオ聖歌が掲載されています。 数を数えたことはありませんが、ページ数なら2000近くあります。膨大ですね。 では、その中からどのような歌を歌えるようにしたらいいのでしょうか。 …

あなたはグレゴリオ聖歌復興のリーダーです

あなたの所属教会には、グレゴリオ聖歌のことを熱く語れる仲間がいますか? 答えが「いいえ」ならば、その小教区でグレゴリオ聖歌に一番熱心なのはあなたということになりますね。 もちろん、ただ判明していないだけで、本当は他にもい …

復活節の準備は大丈夫ですか?

復活節に入りましたね。 この時期のグレゴリオ聖歌は、晴れやかに歌いたいものです。 しかし、いざ歌が始まると、大人しくなってしまう信徒が少なくありません。 何故でしょうか? それは、聖歌がいつもとは違うからです。 同じ歌詞 …

皆勤でなくても大丈夫です

グレゴリオ聖歌復興委員会は、グレゴリオ聖歌を歌うサークルです。 演奏会や発表会を活動の中心とする合唱団とは、かなり異なるところがございます。 そのようなところでは、練習に欠席するとその分みんなから後れを取ることになります …

神父様のいないうちに

3月3日には「ラテン語講座」があります。 「ラテン語講座」とは、旧「自主練習会」のことです。 神父様が不在なのをいいことに、緩い雰囲気の中で活動をしています。 内容は、前半が教会ラテン語講座です。すぐに役立つ文法知識が身 …

終課の冊子を差し上げます

グレゴリオ聖歌復興委員会では、活動の後に希望者が残って聖務日課の終課を唱えます。 9時までには終わりますので、お時間があれば是非体験して下さい。 さて、この終課については、あまり練習時間を取っていません。毎回歌っていれば …

聖ブレーズのローソクであなたの喉を祝福します

今度の活動日(2月3日)は、聖ブレーズ(ラテン語読みはブラジオ)の祝日と重なっています。 聖ブレーズは、知る人ぞ知る、喉の守護聖人です。 いつも聖チェチリアなど、教会音楽の守護聖人に目が行きがちですが、この機会に聖ブレー …

ラテン語で一緒に唱えましょう

グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習前や休憩のときに飲みものやお菓子などをお出ししております。 そのとき、食前・食後の祈りをラテン語でいたします。   Jesus Angel Miguel Garcia – & …

« 1 2 3 14 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.