グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)
ブログ

活動予告

リフレインを歌えるようになるといいことがあります

2月の練習で、Attende Domine (Liber Usualis p. 1871) という聖歌を練習いたしました。 いわゆる「イントロ」がリフレインとなっており、1番を歌ってはリフレイン、2番を歌ってはまたリフレ …

ミサが違えばカレンダーも違います

この前の主日は四旬節第4主日でした。では来週は? 答えは、使っている典礼カレンダーによって違います。典礼カレンダーはミサ典書に基づくので、ミサによって違う、とも言えます。 現行のミサでは四旬節第5主日ですよね。一方、トリ …

四旬節で一番有名な入祭誦はこれです

今度の練習日は3月18日です。四旬節第3主日の前日となります。 例によって、四旬節第3主日のミサから、入祭誦 Oculi mei (Liber Usualis p. 552) を練習しておきます。 しかし、四旬節中の入祭 …

四旬節の Te Lucis を練習します

さあ、灰の水曜日です。今日から四旬節が始まります。 心と体の準備はよろしいでしょうか? 少なくとも「旧典礼暦」を知らないカトリック信徒よりは準備ができていることでしょう。 なぜなら、既に七旬節・六旬節・五旬節のことをお伝 …

ラテン語が読めなくても楽しむ方法はあります

グレゴリオ聖歌といえば、ラテン語歌詞ですよね。 でも、グレゴリオ聖歌が好きな人でも、けっこう苦手意識があるようです。 きっと、ラテン語を本格的に学んだことがなく、読もうとしても意味がわからないからでしょう。 だからといっ …

Attende Domine を歌えるようになって帰ってもらいます

グレゴリオ聖歌復興委員会の正規練習では、通常2曲の聖歌を練習いたします。 ただ、二兎を追う者は一兎をも得ず、ということで、どちらかの聖歌を重点的に練習しています。 短い聖歌ならば、暗譜して歌えるようになるのを目指します。 …

ローカルすぎて収録されてない祝日とは

今の季節に、聖務日課の終課で歌っている聖マリア讃歌は Alma Redemptoris Mater (Liber Usualis p. 273) です。 しかし、童貞聖マリアの御浄めの祝日(2月2日)からは、Ave Re …

トリエント・ミサだけでもお越し下さい

先にもお知らせした通り、1月21日の練習前にはトリエント典礼の読誦ミサがあります。 時間は17時30分からです。ミサだけの参加も可能です。 現行のミサと何がどう違うか、全てラテン語というのはどのようなものか、直に体験する …

いっぱい聞けて、いっぱいしゃべれる

グレゴリオ聖歌復興委員会には、練習後の飲み会というものはありません。 その代わり、年に1,2度の懇親会を行うことにしています。 ただ、それも最近は年に1度あるかないかという状態でした。 ということで、この機会に懇親会を開 …

O Antiphon と Magnificat

今度の練習はクリスマスの約1週前ということで、この時期の聖歌を Liber Usualis で調べてみました。 候補としてはいろいろあったのですが、今回は O Antiphons を取り上げてみようと思います。 O An …

1 2 3 10 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.