グレゴリオ聖歌を歌う機会に恵まれないカトリック信徒のための合唱サークルです。歌うのは100パーセントグレゴリオ聖歌で、ネウマ譜の読み方やラテン語の発音など初歩の初歩から教えています。(旧称・グレゴリオ聖歌に親しむ会)

ブログ

終課の冊子を差し上げます

グレゴリオ聖歌復興委員会では、活動の後に希望者が残って聖務日課の終課を唱えます。 9時までには終わりますので、お時間があれば是非体験して下さい。 さて、この終課については、あまり練習時間を取っていません。毎回歌っていれば …

Ave Regina caelorum に変わるのは今日の夜からです

一般に、典礼の季節が変われば、聖歌も変わります。 四旬節に入れば、四旬節の聖歌を歌う、という具合にです。 ところが、四旬節を待たずして、2月2日の終課から歌い始める聖歌があります。 それは Ave Regina cael …

ラテン語歌詞が覚えられないときにはこの裏技で

もうすぐ四旬節です。 典礼の季節が変わると、歌う聖歌も変わります。早めの準備をいたしましょう。 さて、四旬節中のミサで、奉献あるいは御聖体拝領のときに歌われることのあるグレゴリオ聖歌があります。 それは、Attende …

聖ブレーズのローソクであなたの喉を祝福します

今度の活動日(2月3日)は、聖ブレーズ(ラテン語読みはブラジオ)の祝日と重なっています。 聖ブレーズは、知る人ぞ知る、喉の守護聖人です。 いつも聖チェチリアなど、教会音楽の守護聖人に目が行きがちですが、この機会に聖ブレー …

ラテン語の祈りできっかけをつくりましょう

今の日本のカトリック教会では、グレゴリオ聖歌を歌うどころか、話題にすることすら難しいですよね。 しかし、どうにかして、きっかけを掴みたいとは思いませんか? そこで、ラテン語の祈りが役に立つかも知れません。 例えば、ミサの …

ラテン語で一緒に唱えましょう

グレゴリオ聖歌復興委員会では、練習前や休憩のときに飲みものやお菓子などをお出ししております。 そのとき、食前・食後の祈りをラテン語でいたします。   Jesus Angel Miguel Garcia – & …

伝統派カトリック司祭の生活を想像できますか?

昨年の最後の活動日、聖務日課の終課の後のことです。 レネー神父様がこう言いました。 「私はこれを毎日やっているよ」 あなたはこれを聞いたらどう思いますか? もしかすると、「それはそうでしょうね、聖職者なのですから」と受け …

よりよい2018年にするために

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。 きっと今年は来年よりもいい年になるでしょう。 なぜなら、また今年も国語ミサ世代が増え、カトリック教会の中心を担っていくからです。 その分、ラテン語ミサやグレゴリオ聖歌 …

年末にはどのグレゴリオ聖歌を歌う?

日本では、年末と言えばベートーベンの第九です。 毎年この時期、第九を聴きに行こうというお誘いをいただきます。そして、毎回遠慮しています。 というのは、歌詞がフリーメイソン的で抵抗があるからです。 やはり、カトリック信徒で …

スータン姿のカトリック司祭を見に来ませんか?

あなたの教会の司祭は、どんな服装をしているでしょうか? スータン(カソック)ですか? ローマンカラー付きのスーツですか? もしかすると、一見カトリック司祭とは判らない普通の背広姿かも知れませんね。上智大学でよく見かけます …

« 1 2 3 49 »
PAGETOP
Copyright © グレゴリオ聖歌復興委員会 All Rights Reserved.