From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌復興委員会の活動は、聖歌の練習が中心です。

そのため、真面目に参加をすると、歌い疲れて帰ることになってしまいます。

しかし、せっかくですから、せめて「勉強になった」という実感を持ってお帰り頂きたいと思います。

そこで、「これだけは覚えて帰ってほしい」というポイントを載せたプリントを作成し、前回の練習で使いました。

これからも、その日の練習曲に合わせて、ネウマ譜やラテン語や教会暦、あるいは関連する雑学などを扱うつもりです。

さて、今度の活動ですが、7月15日に正規練習があります。時間はいつも通り18時30分からです。

聖霊降臨後第6主日のミサから、入祭誦 Dominus fortitudo (Liber Usualis p. 1006) と 御聖体拝領誦 Circuibo (ibid. p. 1009) を練習します。

前回の練習で学んだポイントを覚えているならば、この曲名を見て「あっ!」と思うことがあるでしょう。

それでは、この練習への参加表明をお待ちしております。

P.S. この練習に参加を希望する方は、忘れないうちに参加案内のページからお申し込み下さい。

P.P.S. 当日の参加者の中で7月生まれの方には、少しだけいいことがあります。

P.P.P.S. 只今メールマガジンを登録しますと、Ave maris stella の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。