From: グレゴ13@委員長

主の御復活おめでとうございます。

しかし、喜んでばかりもいられません。

なぜならば、グレゴリオ聖歌を歌う者にとって、復活節もまた大変な時期だからです。

例えば、復活節の間、ミサの通常文は Kyriale の1番を歌います。

  Kyrie I (Lux et Origo)
  https://youtu.be/KnBzUj_K3Ic

もしもこの Kyrie に聞き覚えがないならば、Gloria も Sanctus も Agnus Dei も満足に歌えませんよね。

すると、喜びの季節だというのに、歌声は小さくなってしまう、ということが起こりえます。

他にも聖務日課が復活節のトーンになるなど、この時期だけの特徴があって、歌い手を悩ませます。

戸惑うことのないよう、準備できる人はしておきましょう。

P.S. 自主練習会を22日に予定しておりましたが、会場の都合で取りやめになりました。お詫びいたします。

P.P.S. 次回の正規練習は5月6日です。