From: グレゴ13@委員長

明日12月17日より、待降節はクリスマスへと向かって一段と盛り上がって行きます。

以前にも書きましたが、「旧典礼暦」においては、この日より平日が3級から2級となります。

聖務日課の晩課では、17日から23日まで、”O Antiphons” (Liber Usualis pp. 340-342) という、日替わりの交誦を歌います。

今日はその中から O Sapientia (ibid. pp. 340) を紹介いたします。

  O Sapientia (December 17)
  http://youtu.be/8ngcQDQfhlA

この聖歌は、Torculus という3連符を2つ続けるところがとても印象的で、その部分を聴くだけでも、クリスマスが近づいたことを実感します。

このあたりのことは、今週末の自主練習会のときにもう少し詳しくお話ししましょう。

P.S. 今度の正規練習は12月27日です。

P.P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Rorate caeli の羅和対訳プリント(PDFファイル)などを差し上げます。