From: グレゴ13@委員長

この前の練習のとき、シュテーリン神父様が 栄誦 (Gloria Patri) を何種類かの旋法で歌ってみせたことを覚えているでしょうか。

実はあの瞬間、「今度の自主練習会はこれにしよう!」と決めました。

それは、Gloria Patri を8つの旋法で歌いながら、雰囲気の違いを味わい、ついでにそのラテン語も覚えてしまおう、というものです。

特にこのラテン語を覚えることは大事です。

なぜなら、グレゴリオ聖歌の楽譜は、基本的な祈りなど当然暗唱しているものとして編集されているからです。

そのため、歌い出しの Gloria Patri だけ与えて後は省略、というのはよくあることです。

だから、もしも覚えていないと、「なぜ書かれていない歌詞を歌っているのか?」と戸惑うかもしれません。

あるいは、分かってはいても、言葉が出てこない、ということになりかねません。

確かに、紙に書き出せば2行か3行のものですから、気合いを入れれば自力で暗記できるでしょう。

しかし、みんなで何度も歌っていつの間にか身につけてしまう方が楽しいですし、覚えたメロディーは後々役に立ちます。

では、10月4日は自主練習会のために予定を空けておいて下さい。

P.S. 只今メールマガジンを登録いたしますと、Magnificat の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。