From: グレゴ13@委員長

グレゴリオ聖歌を初めて歌うときは、いろいろ戸惑いがあるかと思います。

まずは、ネウマ譜の読み方ですよね。

ところどころ、五線譜のルールが通用しないところがあります。

五線譜では音符の長さだけスペースを取りますが、ネウマ譜ではそのようなことをしません。

すぐ後の音なのに、間隔が空いてることが普通にあります。

また、教会ラテン語の発音にも戸惑うことでしょう。

5音節くらいになると、歌うどころか発音するだけで一苦労です。

例えば、peccatoribus, circumdederunt, iniquitatis などの単語をさっと言えますか?

おそらく、「難しい」「こんなの無理だ」と思うことでしょう。

でも、100回繰り返して練習したらどうでしょうか?

100回繰り返しても、「できる訳がない」と言い張りますか?

足りないどころか、多すぎると感じるのではないでしょうか。

ただ、2時間の練習の中では、100回繰り返す時間や機会は与えられません。

しかし、家で復習したり、何度も練習に参加すれば、必ず歌えるようになります。

希望を持って頑張りましょう。

P.S. 明日の練習から参加したい方は今すぐお申し込み下さい。本日18時30分まで受け付けています。

P.P.S. 今、メールマガジンに登録すると、Ave Regina caelorum の羅和対訳プリント(PDFファイル)を差し上げます。